〔më〕函館写真歴史館に行ってきました

函館市写真歴史館に行ってきました。

明治・大正期の貴重なカメラの展示など箱館開港がもたらした写真文化の歴史を紹介。

_DSC1351

今月末で閉館するとのことでした。

一度行ってみたいと思っていたのですが、いつでも行けると思っているとなかなか行けないものですよね(^_^;)

_DSC1355

初めて入ります。

_DSC1353
この建物は北海道指定有形文化財です。

函館にはこういった建物がたくさん有ります。今後はその都度紹介していけたらなと考えています!

この建物は旧北海道庁函館支庁庁舎です。明治42年に建てられた建物です。

_DSC1356
1階のホールの展示からカメラだらけです(笑)あたりまえですね(^_^;)

_DSC1359
公募写真展なんてやっていたんですね!!

みなみ北海道のイイトコロ♪

_DSC1365
2階に上がると思っていた以上にたくさんの機材にびっくりデス!

_DSC1369
昔の函館と今の函館を同じ場所で撮った写真が有りました。

いつも見慣れた場所が昔はこんなだったんですね。

_DSC1372
これはなに?

_DSC1374
托頭器だそうです。

当時は撮影するためには長い時間動かないでいないといけなかったので、首をおさえるためのものなんですね。

_DSC1375
函館山からの景色。

_DSC1376

なんだか素敵な空間ですね。

_DSC1378
自由に使えるストロボが設置されていました。

_DSC1383
大型写真機写真師コーナー(笑)

ピントを合わせて操作してみることが出来ます。

_DSC1385
逆さですね。

_DSC1386
左右に付いている取手を回して、カメラを前後に動かしてピントを合わせます。

予想以上に重くてびっくりしました。

_DSC1384
この写真は函館の歴史を感じさせますね。

写真の丈夫がレンズフードによって黒く隠されています。

函館山の要塞の様子が映らないようにされていたのだそうです。

_DSC1389
自作なんですね。

_DSC1391
先ほどの托頭器を使っている様子です。

_DSC1394
閃光器。昔のストロボですね。

_DSC1396
どう使っていたのか想像するとワクワクします。

_DSC1401

_DSC1400
写真は科学!!

_DSC1402
修正も手書きです。

写真師は絵心も必要だったんですね。

_DSC1403
コンパクトカメラ

_DSC1406

_DSC1407
カメラの断面です。

こんな風になているんですね。

_DSC1408
_DSC1426
公募写真展です。

パネルが数枚立てられていて、写真が張られていました。

もう少し大きいサイズだと見やすいのにちょっと残念です。

_DSC1425

_DSC1437

_DSC1443

ステレオカメラなんてあったんですね。

_DSC1444

_DSC1457

とっても楽しめました。

ここがなくなってしまうなんて残念です。

函館の写真の歴史を何処かで展示し続けて欲しいですね。

What do you think of this post?
  • 拍手(1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク