Apple Lightning to USB 3 Camera Adapterを導入!!

先日、ちょっとやらかしちゃいまして…。

データの入っているUSBが手元にあるのに、Macを持っていなくてデータをおくることができない!!

時間が予定びっちりでUSBを持っていくことができない!!

iPhoneやiPadにUSBから取り込めたらすぐデータ送れるのに!!!

と!いうことで、これを導入することにしました!!

Apple Lightning USB 3カメラアダプタ!!

Apple Lightning - USB 3カメラアダプタ
Lightning - USB 3カメラアダプタがあれば、高解像度デジタルカメラからiPad Proに写真やビデオを簡単に取り込めます。Lightning - USB 3カメラアダプタをつなぐとiPad Proの写真アプリケーションが自動的に開くので、取り込みたい写真やビデオを選んで、アルバムに整理できます。

電源供給をしながら使用すると、USBメモリーからもデータの読み込みができるとのことでこれにしました。

以前サードパーティー製のHDMI変換を使っていたのですが、すぐ故障してしまったり、映らなくなったりと不具合が多かったので、それ以降はApple純正品を使うようにしています。

本体です。

USBの差込とLightning充電の差し込みがあります。

では早速iPadに接続してみましょう。

まずそのまま差し込んでみました。

何やら出てきたのでアップデートします。

アップデートはすぐ終わります。

アップデートが完了すると、パワー不足の警告が出ました。

充電ケーブルをさしこんでみます。

充電ケーブルをつけると警告が消えました。

ファイルを開いてみると。デバイスが認識されていますね。

ファイルの中もちゃんと表示することができましたね!!

これで外でもデータ取り込みができます。

外ではANKERのモバイルバッテリーを持ち歩いているので、それでも試してみましたが、これがつかえなかったんです!!

原因は何か??といろんなモバイルバッテリーで試してみたのですが、どうもANKERのIQが悪さをしているような気がします。

ANKERのモバイルバッテリーより出力の弱いものでもちゃんと給電できるんですよね。

外出先で車の中などで急遽使うためにはモバイルバッテリーなどから電源をとるので、これはちょっと困りましたね。

以前紹介したGreen houseのモバイルバッテリーは大丈夫なのでこちらを持ち歩くことにします。

What do you think of this post?
  • 拍手 (0)

コメント