〔më〕トトタベローネ函館 ブリフェス『函館ブリたれかつ ふるまい』に行ってきました!!

10月10日から始まる『ブリフェス』のオープニングイベントに行ってきました。

トトタベローネ函館 | 食を通じて海の問題を考える
地域にはその土地独特の「魚食文化」があります。魚食の恩恵は、恵まれた海洋なくして成り立ちません。食を通じて、海の大切さや文化・環境を守る思いを伝えていく、トトタベローネが地域を元気にします

近年、函館では温暖化の影響で海水温も上がってきているんですね。
イカの取れる量が少なくなってきて、ここ数年ブリが豊漁なんですね!!全国3位の漁獲量なんですよ。

でも北海道の人はあまりブリってメジャーではありませんよね。

もっとブリを食べよう!!

ブリフェスは10(土)〜18(日)
シエスタ4F Gスクエアに函館ブリステーションを設置しています。

同期間内にブリフェス参加店でのスタンプラリーも開催しています。

3店舗めぐると抽選会に参加でき、豪華景品がもれなく当たります。

10日はGスクエアのブリステーションでブリフェスの説明会からスタートです。

新たな取り組みで報道陣もたくさんきていました。

こちらがブリステーションです。

パネル展が常設されています。

ブリたれかつ五カ条もあるんですね。

ブリフェス参加店20店です。

9月に開催された親子ぶりツアー参加の子供たちの絵や感想文もあります。

どの絵も上手ですね。

ブリを食べよう!!

スタンプラリーの台紙もここでゲットできます。

ブリ料理のレシピも見れますよ。

ふるまい用のぶりの下ごしらえ中です。

たくさんのぶりの切り身です。

牛乳にしたして臭みをぬくんですね。

丁寧に水洗いしていきます。

菊川さんが仕込みに参加です。

この時点で美味しそうですね。

シエスタ前のふるまい会場にはたくさんのお客さんが並んでいます。

ぶり!!

コロナ対策も万全です。

しっかり手を消毒してから受け取ります。

揚げたての熱々を準備しています。


特製たれがたっぷりかかっていて美味しそうです。

私も頂きましたが、臭みが全然なくて、ジューシーですごくおいしかったです。

テントの中で揚げたてにタレをかけていきます。

熱々を即ふるまいです。

ぶり!!

函館でブリってあまり馴染みがなかったのですが、これからはメジャーな食材になってきそうですね。

ぶり!!!!

ぶりを食べよう!!

Amazon.co.jp: 動く おもちゃ ぬいぐるみ 魚 子供 キッズ 犬用 猫用 音で動く 音に反応 サカナ ブルブルおさかな ダンシングフィッシュ 音センサー 音声認識 単4電池 3本: シューズ&バッグ
Amazon.co.jp: 動く おもちゃ ぬいぐるみ 魚 子供 キッズ 犬用 猫用 音で動く 音に反応 サカナ ブルブルおさかな ダンシングフィッシュ 音センサー 音声認識 単4電池 3本: シューズ&バッグ
What do you think of this post?
  • 拍手 (0)

コメント